JOTARO SAITO PROFILE

ENGLISH

斉藤 上太郎

京都出身。祖父に染色作家の故斉藤才三郎、父に現代キモノ作家・斉藤三才を持ち、近代染色作家の礎を築いてきた家系に生まれる。
27歳の最年少でキモノ作家としてデビュー以来、現代空間にマッチするファッションとしてのキモノを追求。TVや雑誌などメディアにも頻繁に紹介され、新進気鋭のキモノデザイナーとして活躍。現在は「和を楽しむライフスタイル」を提唱し、プロダクトやインテリアの制作まで多方面に才能を発揮している。東京ファッションデザイナー協議会正会員。

1990年 レディース・プレタブランド「オーティアス」を立ち上げる。
1996年 「オーティアス」として東京コレクションに参加。キモノ作家としてデビューする。
1997年 第一回「JOTARO SAITO/個展」を開催。
1998年 第二回「JOTARO SAITO/キモノ展」を開催。
1999年 第三回「JOTARO SAITO/キモノの進化」展を開催。
2000年 第四回「JOTARO SAITO/COLOR MOOD」展を開催。
2001年 第五回「JOTARO SAITO/魅力の法則」展を開催。
2002年 東京コレクション「伝統という新しさ」発表。
2003年 東京コレクション「KIMONO DYNAMISM」発表。
2004年 東京コレクション「赤いキモノ」発表。
2005年 東京コレクション「離宮」発表。第一回「100% design tokyo」出展。京漆器とインテリアプロダクトを発表。
2006年10月 第二回「100% design tokyo」に出展。照明器具やシューズなどのプロダクトもあわせて発表。
2007年1月 インテリアデザイナー岩倉榮利氏とのコラボレーションによるファニチャーのプロダクトを発表。
同年3月 東京コレクション「百鼠(ひゃくねずみ)」発表。
2008年3月 東京コレクション「GOTHIC CAMELLIA」発表。
同年10月 auのケータイ・オリジナルケース、BONNIE PINK とのコラボによるオリジナル・ストラップを発表。
同年10月 ウエッジウッドとのコラボレーションによる陶磁器「ジャパネスクII」を発表。
2009年 1月 パリ「メゾン・エ・オブジェ」でJOTAROブランドのテキスタイルを発表。
同年3月 東京コレクション「The Marbling」発表。
2009年 5月 スペインのジュエリーブランド 「ノアバルセロナ」とのコラボレーション作品発表。
同年11月 六本木ヒルズけやき坂通り、初のコンセプトショップをオープン。
同年11月 家具メーカー カリモクとのコラボレーションによるファニチャーのプロダクト「蓮夕」の新作を発表。
2010年 3月 東京コレクション「清風明月×水月鏡花」発表。
同年4月 GACKT氏主演の「眠狂四郎無頼控」で舞台衣装担当。(5月東京より全国7都市公演)
同年6月 早乙女太一氏主演舞台衣装担当。 (劇団朱雀特別公演・6月東京より全国公演)
同年9月 上太郎を含む、三人のデザイナーのプロデユースによる八方園・白鳳館がリニューアルオープン。
2011年 4月 「ミラノ・サローネ」にて家具メーカー カリモクとのコラボレーションによるファニチャーのプロダクト「火焔(KAEN)」と「流(NAGARE)」発表。
同年4月 早乙女太一氏主演舞台衣装担当。(4/7〜4/28 明治座
同年5月 PSコミュニケーションズ株式会社『ほっと電報 刺しゅう・四君子紋』 JOTARO SAITO デザイン発売。
同年6月 東京コレクション「+STRIPE」発表。
2012年 3月 東京コレクション「FUTURISM」発表
同年10月 PSコミュニケーションズ株式会社『ほっと電報 モノクローム牡丹』 JOTARO SAITO デザイン発売。
2013年 3月 東京コレクション「DRESS people 不易な流行」発表。
同年7月 デザインの依頼を受けた「函谷鉾」のオリジナル浴衣と手拭いが祇園祭りで発表。
同年10月 きものサローネ東京キモノコレクション「THE HERITAGE」発表。
2014年 3月 東京コレクション「POWER OF FLOWER」発表。